大阪市 中央区・天王寺区・東成区 動物病院・ペットホテル【アフロ動物病院】

去勢・避妊手術について

●去勢・避妊手術の良いところ、悪いところ

良い点

悪い点

 

 

 

去勢

 

(精巣をとります)

 

○生殖器の病気を防ぐ

 精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア

 肛門周囲腫瘍など

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○生殖器の病気を防ぐ(犬に比べるとまれ)

○尿スプレー、粗相が落ち着く(ほとんどのコ)

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

 

○体重が増えやすくなる

○性格の変化

○麻酔のリスク

 

 

 

避妊

 

(卵巣・子宮をとります)

 

○生殖器の病気を防ぐ

 子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍

 など

(※高齢犬では頻繁にみる病気です。)

○生理時の体調の変化がなくなる

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○生殖器の病気を防ぐ

 子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍など

(※犬よりも発生頻度は少ないが、重症化するケースが多い。)

○発情期のストレスがなくなる

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○体重が増えやすくなる

○性格の変化

○犬でまれに術後に尿失禁

○麻酔のリスク

 

去勢・避妊手術の流れ

病院で予約をとります

手術当日は午前10時30分までに動物病院へおこし下さい

担当医又は動物看護師が手術の注意事項・体調を確認しお預かりします

検査結果に問題がなければ手術をおこないます

猫の去勢手術は手術日夕方のお迎えになります

犬(去勢・避妊)・猫(避妊)は病院にて1晩お預かりします

当院の手術の特長

①術前検査の徹底

麻酔の前に必ず血液検査及び胸部レントゲン検査を実施します。

②無理をしない

避妊去勢の手術はあくまでも予防です。検査結果によっては延期することもあります。

③麻酔への対応

手術中は気管チューブによる挿管、留置と点滴を実施し、麻酔時のからだの変化にすぐ対応できるようにします。

当日の朝はフード・おやつなどはあげないようにして下さい。水はあげてもOKです。

お預かり後、血液検査・レントゲン検査を実施します。

LINK  リンク

診療案内

10:00-13:00

×

15:00‐16:00

予約診療

×

予約診療

予約診療

予約診療

予約診療

予約診療

予約診療

●トリミングサロン

16:00-19:00

×

●お問い合わせ