06-6763-0567

Tel
去勢・避妊手術について
去勢・避妊手術のメリット・デメリット

​メリット

デメリット

去勢

(精巣をとります)

避妊

(卵巣・子宮をとります)

○生殖器の病気を防ぐ

 精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア

 肛門周囲腫瘍など

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○生殖器の病気を防ぐ(犬に比べるとまれ)

○尿スプレー、粗相が落ち着く(ほとんどのコ)

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○体重が増えやすくなる

○性格の変化

○麻酔のリスク

○生殖器の病気を防ぐ

 子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍

 など  ※高齢犬では頻繁にみる病気す

○生理時の体調の変化がなくなる

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○生殖器の病気を防ぐ

 子宮蓄膿症・乳腺腫瘍(乳がん)・卵巣腫瘍

 など ※犬よりも発生頻度は少ないが

     重症化するケースが多い

○発情期のストレスがなくなる

○性格の変化

○生殖能力がなくなる

○体重が増えやすくなる

○性格の変化

○犬でまれに術後に尿失禁

○麻酔のリスク

去勢・避妊手術の流れ

病院で予約をとります

手術当日は午前9時50分までに動物病院へおこし下さい

当日の朝はフード・おやつなどはあげないようにして下さい。

水はあげてもOKです。

担当医又は動物看護師が手術の注意事項・体調を確認し

お預かりします

お預かり後、血液検査・レントゲン検査を実施します。

猫の去勢手術は手術日夕方のお迎えになります

犬・猫の避妊手術は1晩お預かりになります

犬の去勢手術は相談させて下さい

当院の手術の特長

1.術前検査の徹底 必ず血液検査(血球+生化学検査9項目以上)及び胸部レントゲン検査を実施します。

           ※当院では検査代も費用に含んでおり、別途請求することはありません。

2.無理をしない  避妊去勢の手術はあくまでも予防です。検査結果によっては延期することもあります。

      

3.麻酔への対応  手術中は気管チューブによる挿管などを実施し、麻酔時のからだの変化に対応します。

           ※気管チューブや静脈留置・点滴代なども手術代に含まれます。